うつ病での治療

医者

具体的な治療方法をご紹介

うつ病の特徴的な症状の一つが、今まで楽しく時間を過ごしていたことにすら興味を失うことです。誰にでも、失敗などをして落ち込み、何も興味がなくなってしまうことはあります。しかし、通常の落ち込みであれば、時間が経てば自然と元に戻りますし、親しい人と話しているだけで立ち直ることもあります。うつ病では、2週間以上も経過していても立ち直ることができず、私生活にも影響を与えることになる病気です。このうつ病と診断されると、薬を服用したり、カウンセリング、問題のある環境を変えるなどの方法によって治療していきます。うつ病になると、脳内物質の機能が低下して神経細胞間での伝達が上手く伝わりにくくなりますが、薬を飲むことで、この伝達がスムーズになって症状を改善させることができます。ただ、抗うつ薬は即効性は期待できず、効果を実感するまでには2〜3週間はかかることもあります。カウンセリングでは、患者が想像できないような考え方を示すことで、今まで問題だと考えていた物事に対してもプラス思考になり、興味を失うという症状も改善させようという治療方法です。うつ病は、職場や家庭環境が関係しているケースが多く、この環境の対策を提案しながら治療をしていきます。

様々なことに興味を失う、うつ病の治療方法としては、主に薬物治療、カウンセリング、環境調整の3つになります。ただ、なんとなくどんな治療をするのかは分かるけど、もっと具体的にどんな治療をするのかを知りたい人もいるでしょう。薬物治療で、もちいられる抗うつ薬には、複数の種類があり、患者によって効果がある薬の種類が違ってきます。興味を失うという同じ症状であっても、どの薬が効果を発揮するかは、実際に服用してみないと分かりません。そのため、薬を服用して効果が現れなくても、徐々に薬の量を増やして様子を見ます。それでも効果が現れない場合には、別の薬を試していき、その人に合った薬を見つけます。カウンセリングでは、まず患者がどんな問題を抱えているのかを明確にして、どのような思考によって感情に悪影響を与えているのかを調べます。今までの考え方の癖を改善していき、問題が起きても柔軟な思考によってストレスにならないような行動ができるように訓練をしていきます。環境調整では、本人と医師だけでなく、家族や職場の人も交えて話し合い、具体的にどのように環境を変えることができるのかを考え、本人が過ごしやすい環境を整えます。